ハイチの会

農業で今日のいのちを守り、教育で明日のハイチを育てる

ハイチの会
最近のボナビ

ハイチ全国民が困っています。どこにもガソリンがない、電話やインターネットの通信網もほとんど無いです。多くの人がギャングや警察に撃たれて亡くなりごみの下に放置されています。何をするすべもなく貧しい人々は、物価高で餓死することも多いです。刑務所も病院もここボナビも他の地方都市でも同じ状況です 日本からの支援で、児童には学校があってもなくても1日1食が食べられるよう給食を支給し、地域住民にも食糧を配給しています。でも、食糧がある倉庫は教会でもどこでもギャングたちに襲われています。だから給食支給も食糧配給もとても危険です。

コロナ対策に水や薬を支援しています。
ボンソベー小学校の全児童とボナビ村の人々に対して食糧の支援をしています。

インキッド農園を高台から見下ろす

ボンソベー小学校の植樹の授業